医院紹介|太田市 木暮歯科医院|一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング


木暮歯科医院について

太田市 木暮歯科医院歯医者というと、なるべくなら行きたくない、痛くなってから行くところと考えている方が多いのでしょうか?

群馬県 太田市の歯医者 木暮歯科医院では痛いところだけ、悪いところだけを治療するのではなく「美味しく食べられ、ずっと素敵な笑顔でいられるように」と考えています。

そのために、初めていらした方にはお口の中全体の診査をし、患者様ご自身がお口の中の状態を理解できるように十分な説明をし、患者様に適した最善の治療を提供することを心がけています。

また、治療が終わりましたら定期的に健診においでいただいて生涯快適な食生活を送れるようにお手伝いが出来たらと思っています。

診療日・診療時間

<診療科目>
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング

<休診日>
日曜・祭日・木曜(休日のある週は木曜日診療いたします)

<診察時間>
9:00~12:30・14:30~19:00

<診察予約>
診療をご希望の方はお電話(0276-20-2019)にてご連絡ください。
お急ぎの場合は予約なしでも対応させていただきます。
ただし、混んでいてお待たせすることも有りますので、お見えになる前にお電話くだされば比較的お待たせしない時間をご案内いたします。


医院紹介

駐車場

駐車場

車を12台停められる、ゆったりと広い駐車スペースがあります。

玄関

玄関

駐車場から玄関ホールまで段差がほとんどないので車いすでもスムーズに建物内に入れます。
また医院内にも車いすを用意しておりますので必要な方はお声かけ下さい。


玄関ホール

殺菌スリッパ

木暮歯科医院ではいつでも清潔なスリッパで快適に診療を受けていただけるよう、殺菌スリッパをご用意しました。殺菌灯を内蔵したスリッパ棚をご利用ください。

受付

受付

初診の方は受付に保険証をお持ち下さい。
診療室で聞き忘れた事や疑問に思ったことなどはお気軽に受付スタッフにお尋ね下さい。
ホームケアグッズなど販売しています。


プレイルーム

プレイルーム

お子様が遊べるチャイルドスペース。
じゅうたん敷なので、はだしでも大丈夫。

待合室

待合室

大量の自然光が差し込む開放感ある広い待合室でおくつろぎ下さい。
お待ちしていただいている間、少しでもリラックスしていただけるように毎週新しいお花を生けています。
またパソコンのモニターで治療に関する情報をお伝えしています。


患者様用通路

患者様用通路

木暮歯科医院では患者様とスタッフが通る場所を分けております。
患者様とスタッフが交差したり、器具や薬品に触れる危険が少なくなりとても安心です。
また患者様にとっては威圧的な感じを受ける診療器具・器械などを極力、目に触れる事をなくしています。

診療室

診療室

前面がガラス張りでとても明るい診療室です。
隣の患者様とはガラスのパーティションで区切られていますのでプライバシーも守られています。


治療設備紹介

デジタルレントゲン CT

歯科用CT当院では歯科用CTを設置いたしました。従来のレントゲンとは異なり歯科用CTではお口の中を3D画像で表示出来るためお口の中の状態をよりわかりやすくご説明出来ます。インプラント治療や親知らずの抜歯、歯周病治療、歯の根の治療など幅広く活用出来ます。

また、医科用のCTに比べX線量は50%程度のため体に対する影響も少なくでき、デジタル画像なので画像を拡大して見ることが出来ますので、患者様にもわかりやすくご説明できると思います。

歯科用CT


拡大鏡 サージテル

拡大鏡 サージテル米国・日本でシェアNo.1、世界の歯科医師が認める拡大鏡を使用しています。医療用拡大鏡は口の中を拡大して見ることができる眼鏡で、“テレスコープ”とも呼ばれています。木暮歯科医院で使用しているのは、5倍の倍率です。

拡大鏡 サージテル

知識や治療技術があっても、見えていなければ経験や勘に頼って治療することになります。拡大鏡を使っている歯医者なら、拡大した患部がしっかり見えているので安心です。当院では歯科医師だけでなく歯科衛生士も拡大鏡を使用しております。

サージテルについて詳しくはこちら → http://www.q-dent.jp/about


マイクロスコープ

マイクロスコープ当院ではより精密な治療が出来るように歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用しております。

常の治療では拡大鏡下で5倍、より拡大する場合はマイクロスコープ(最大25倍まで拡大可能)、特に根の治療を行う場合に威力を発揮します。


口腔内撮影用デジタルカメラ

口腔内撮影用デジタルカメラ木暮歯科医院では患者様の口腔内の状態を高性能のデジタルカメラで撮影・保存し、必要に応じてわかりやすい画像での患者様への説明行なっています。
また各チェアサイドで先にご紹介しましたデジタルレントゲンと同一画面でご覧いただけます。


笑気吸入鎮静器

笑気吸入鎮静器当院では「笑気吸入鎮静法」を導入しております。患者様に鼻マスクを付けていただき笑気ガスを吸うことで治療中の不安や不快感がやわらぎリラックスした状態で、安心して診療が受けられます。また、吐き気の強い方にもやわらげる効果があります。

全身麻酔ではありませんから意識ははっきりしており、治療はふつうに受けられドクターやスタッフとの会話もできます。また、吸うのををやめれば、いつでも速やかに鎮静状態から回復する安全な方法です。

小さいお子様からお年寄りまで安心して使用できます。健康保険の適用ですのでいつでもお気軽にご相談ください。


麻酔

歯の治療をする時のイヤなものとして麻酔が上げられると思います。木暮歯科医院では次のような器具を使って、なるべく痛みが出ないように工夫をしております。

アネジェクト(コンピューター制御コードレス電動注射器)

コンピューター制御コードレス電動注射器従来の注射器麻酔では、人の手の麻酔注入圧力が一定でないため痛みを生ずる場合がありました。コンピューター制御により麻酔薬をゆっくりと一定圧力で注入する事で疼痛軽減が可能となりました。注射中にメロディーが流れ患者様のストレスを軽減します(右写真)。

ビーゾカイン・ゼリー(表面麻酔薬)

麻酔時の痛みは注射針の刺入時に起きます。刺入前に粘膜に表面麻酔薬を塗布する事によって痛みが軽減されます。
バナナの優しい香りです。

カプリ(麻酔薬カートリッジウォーマー)

麻酔薬を暖める装置です。
注射時の痛みは、体温と注射液の温度差によっても生じます。
麻酔薬を暖める(約 37 ℃)ことで疼痛を軽減します。

カルプーレ33G(注射針)

現在手に入る注射針としては一番細いものを使用し、刺入時の痛みの軽減に努めております。


ダイアグノデント ペン

ダイアグノデント ペン当歯科医院では、むし歯を検査する際に、レントゲンによる検査の他に、判断がつきにくいむし歯にはダイアグノデント ペンという検査機器を活用しております。

ダイアグノデント ペンは歯に当てたレーザー光の反射を解析し、歯の表面の変化を数値化して知らせてくれることで初期の段階でむし歯を発見することを可能にしました。
特に見つけることが困難とされる奥歯の溝の部分の診断に有効で、患者様のカリエスリスク(むし歯になりやすさ)を考慮しながら予防や処置・管理を行うことが出来ます。


位相差顕微鏡

位相差顕微鏡当院では位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を使ってお口の中の細菌を見ることができます。

顕微鏡で見ることによって、現在の状態がわかりますし、さらに動く細菌の様子等をモニターによって患者様自身が確認できますから、治療についての説明もよりわかりやすく、納得したうえで治療を受けていただけます。


フリーアーム フォルテ

フリーアーム フォルテ歯を削る時や入れ歯や被せものを調整する際には、水や目に見えないほどの細かな粉塵が飛び散ります。
この水や粉塵が患者さんお顔にかかったり、吸い込んだりすることを防ぐ「フリーアームフォルテ」を全ユニット(診療台)に導入しております。
少々音はしますが強力な吸引力で、治療時に発生する細かな粉塵を吸い取ってしまいます。



電話をかける

Copyright © 2008-2018 Kogure Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ